IASB、最終版のIFRS第9号「金融商品」を公表 | KPMG | JP

IASB、最終版のIFRS第9号「金融商品」を公表

IASB、最終版のIFRS第9号「金融商品」を公表

IFRSニュースフラッシュ - IASBは2014年7月24日、IFRS第9号「金融商品」を公表しました。この基準書は、分類及び測定、新たな減損規定及びヘッジ会計を含む最終版であり、IAS第39号「金融商品:認識及び測定」を差し替えるものです。

関連するコンテンツ

本基準書の概要は以下のとおりです。

分類及び測定

金融資産は、契約上のキャッシュ・フローの特性と事業モデルに基づき、原則として、償却原価、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する(FVOCI)区分、または当期純利益を通じて公正価値で測定する(FVTPL)区分のいずれかに分類されます。
金融負債は、原則として償却原価区分に分類され、FVTPL区分に指定した場合、発行者自身の信用リスクの変動に起因する公正価値変動はその他の包括利益に認識されます。

減損に関する新たな規定

IAS第39号の発生損失モデルに替えて、予想信用損失モデルが採用されました。金融資産の信用の質の変化に応じ、異なる測定方法に基づき引当金が測定されます。利息収益は、金融資産の信用が毀損している証拠の有無により算定方法が異なります。
売掛債権、リース債権は、信用の質の変化を考慮せず予想信用損失を認識することが認められます。

内容

  1. 最終版IFRS第9号の概要
  2. 分類及び測定
  3. 減損に関する新たな規定
  4. 適用日及び移行措置

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信