企業会計審議会、「国際会計基準(IFRS)への対応のあり方に関する当面の方針」を公表 | KPMG | JP

企業会計審議会、「国際会計基準(IFRS)への対応のあり方に関する当面の方針」を公表

企業会計審議会、「国際会計基準(IFRS)への対応のあり方に関する当面の方針」を公表

IFRSニュースフラッシュ - 2013年6月20日、金融庁の諮問機関である企業会計審議会は、「国際会計基準(IFRS)への対応のあり方に関する当面の方針」(以下、「当面の方針」)を公表し、わが国において認められる第4の会計基準として「エンドースメントされたIFRS」を追加すること等を提案しました。本稿では、「当面の方針」が公表されるまでの経緯及び「当面の方針」の具体的な内容について解説します。

関連するコンテンツ

内容

  1. 基本的な考え方
  2. IFRS任意適用要件の緩和
  3. エンドースメントされたIFRSの策定
  4. 単体開示の簡素化

修正国際基準のトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信