日本におけるサイバー攻撃の状況と課題 - サイバーセキュリティサーベイ2013から -

日本におけるサイバー攻撃の状況と課題 - サイバーセキュリティサーベイ2013から -

昨今、グローバルに活動を展開する企業や政府において、サイバーセキュリティへの関心が高まっています。狙いを定めた企業に対して、高度なIT技術を駆使し、集中的に仕掛けられるサイバー攻撃は、営業秘密や個人情報の搾取、漏洩、基幹システムの停止、社会インフラや工場の制御系システムの破壊など、企業の事業継続上、深刻なダメージを引き起こすリスクであるため、その対応については喫緊の課題となっています。

関連するコンテンツ

このような状況を踏まえ、KPMGジャパンでは、サイバーセキュリティにかかわる動向ならびに課題を明らかにし、各企業において、より効果的かつ効率的にサイバーセキュリティ対策に取り組むための情報を提供することを目的に、企業のサイバーセキュリティへの対応状況に関する調査を実施しました。
本稿では、本調査結果から判明した日本におけるサイバー攻撃の状況と、欧米企業との比較から浮き彫りになった課題について解説します。

なお、全文をご希望の場合は、サイバーセキュリティサーベイ2013内にあります資料請求ページよりお申込みください。

内容

  1. サイバー攻撃の発生状況
  2. サイバー攻撃に対する認識
  3. サイバー攻撃への対応状況
  4. サイバー攻撃への今後の取組みに対する考え
  5. おわりに

執筆者

株式会社 KPMG FAS フォレンジック部門
KPMGサイバーセキュリティアドバイザリーグループ
ディレクター 伊藤 益光

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン