インターネットビジネス | KPMG | JP

インターネットビジネス

インターネットビジネス

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ 第5回 - インターネットビジネスの定義はさまざまであるが、企業 - 個人(B to C)による電子商取引について、サービス提供の初期段階と比較すると、利用者および市場規模は拡大し、ビジネスモデルも進化している。また、インフラ面でも、モバイル端末利用の拡大といった多様化が進んでいる。

関連するコンテンツ

本稿では、環境が変化、拡大するインターネットビジネスをとりまくリスクへの対応について解説する。

内容

  1. 環境の変化とリスク
  2. さらなる対応領域と範囲の多様化
  3. ビジネス全体を俯瞰したリスク管理

執筆者

KPMGビジネスアドバイザリー株式会社
ディレクター 関 克彦

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信