課題からみえるグループ経営強化のポイント

課題からみえるグループ経営強化のポイント

近年、海外売上高比率の上昇に関する報道を目にする機会が増えたことからもわかるように、豊富な需要を取り込むために、日本企業は海外への進出を加速させている。海外での事業活動が増えるにつれて、多様なリスクに晒され、実際にそのリスクが顕在化している。

関連するコンテンツ

日本企業が海外に進出する場合の多くは、事業部門を中心に進められ、進出後の業績管理も含めた子会社・関連会社の管理は、事業部門主導で実施されてきた。進出先が限定され、それが欧米諸国中心であった時は、それでも大過なく事業運営されてきたが、進出先の数が増え、多様性が高まるにつれて、事業部門のみでの事業運営は難しくなってきており、グループ全体を横串で管理するグループ経営の必要性が認識されてきている。

本稿では、グループ経営の強化が求められることに繋がる、海外における事業運営上の課題とその対応策について解説する。

内容

  1. 海外事業運営上の課題
  2. 課題への対応策
  3. おわりに

執筆者

KPMGビジネスアドバイザリー株式会社
マネジャー 大島 英人

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン