会社法の一部を改正する法律等の成立 | KPMG | JP

会社法の一部を改正する法律等の成立

会社法の一部を改正する法律等の成立

平成25年11月29日に、会社法の一部を改正する法律案等が国会に提出され、平成26年6月20日の通常国会において成立しました。施行期日は、平成27年4月ないし5月とされることが見込まれています。

関連するコンテンツ

改正会社法は、株式会社をめぐる最近の社会経済情勢に鑑み、社外取締役等による株式会社の経営に対する監査等の強化、ならびに株式会社およびその属する企業集団の運営の一層の適正化等を図るため、監査等委員会設置会社制度を創設するとともに、社外取締役等の社外性要件等を改めるほか、株式会社の完全親会社の株主による代表訴訟の制度(多重代表訴訟制度)の創設、株主による組織再編の差止請求制度の拡充等の措置を講じようとするもので、「I 企業統治の在り方」および「II 親子会社に関する規律」の見直しに大別されます。

本稿は、上記の主な改正点について見直しの背景および実務への影響をわかりやすく解説します。
なお、原稿末尾には、改正会社法の内容を要約した一覧表を掲載しています。

内容

  1. 経緯と背景
  2. 企業統治の在り方
  3. 親子会社に関する規律
  4. 付録:改正会社法の要約(一覧表)

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
パートナー 和久 友子

有限責任 あずさ監査法人
シニアマネジャー 増田 靖史

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信