倒産法全書(上)〔第2版〕

倒産法全書(上)〔第2版〕

各種法的倒産手続、私的整理手続、倒産実体法の主要論点、利害関係人の手続等を詳解し、M&A法務から倒産手続との関連性などを、会計・税務などを踏まえて上巻・下巻に分けて解説しています。

関連するコンテンツ

書籍紹介

上巻では、最新実務を踏まえた法的整理手続や倒産実体法の主要論点を概説し、各利害関係人の各手続のあり方を整理したうえで、法的倒産手続におけるM&A実務の活用事例を交えて解説しています。

著者:藤原 総一郎 監修
森・濱田松本法律事務所、株式会社 KPMG FAS 編著

出版社:商事法務

発行日:2014.6.6

定価:9,000円(税抜)

目次

第1章 倒産手続の解説
第2章 倒産実体法上の論点
第3章 倒産手続の利害関係人
第4章 倒産手続とM&Aの法務

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

商事法務

出版物のご案内

出版物のご案内

KPMGジャパングループ各社が出版した書籍をご案内しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン