中国事業の効率化・リスク管理強化策 - シェアードサービスセンター(SSC)の導入 - | KPMG | JP

中国事業の効率化・リスク管理強化策 - シェアードサービスセンター(SSC)の導入 -

中国事業の効率化・リスク管理強化策 - シェアードサービスセンター(SSC)の導入 -

中国におけるリスクマネジメント ミニコラム 第8回 - 昨今、中国に統括会社を設立しその機能強化の一環として経理・人事・IT等のバックオフィス業務をシェアード化する日系企業が増加している。

関連するコンテンツ

しかし、取組みにあたっては、地域・業種特有の税務運用の存在や地域をまたいだ異動の困難さ等、中国特有の難しさがあることも事実である。また、シェアード化は何より既存の業務プロセスや体制に大きな変化を伴う業務変革プロジェクトとなり、各現地法人に現状を変えることの効果・メリットを理解し、かつ納得してもらうことが必要となることから、その推進を躊躇する企業も多く見受けられる。

本稿では、こうした中国におけるシェアードサービスセンター(Shared Services Center、以下SSC)導入の留意点をふまえ、シェアード化を実現するにあたってのポイントを解説する。

内容

  1. 中国拠点においてSSCが検討される背景
  2. 中国におけるSSC構築の難しさ
  3. SSC構築にあたってのポイント
  4. まとめ

執筆者

KPMG中国
マネジャー 加藤 弘毅

中国におけるリスクマネジメント ミニコラム

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信