ソーシャルメディア

ソーシャルメディア

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ 第4回 - ソーシャルメディアは、2000年代の半ば以降広く知られるようになり、世界中で利用者を増やしてきている。今では個人が利用するだけでなく、企業もマーケティング・広告・販売促進、あるいは社内コミュニケーション等のためのツールとして活用するようになっている。

関連するコンテンツ

企業におけるソーシャルメディアの活用は、今後も広がりをみせると予想されるが、「炎上」等の問題に対しては、予防的な対策と事後の対策という、リスク管理の基本に沿った対応を前提とした取組みを進めることが重要である。

本稿では、「新たなITリスクに立ち向かう」の第4回目テーマとして、ソーシャルメディアについて述べていきたい。

内容

  1. ソーシャルメディアとは
  2. ソーシャルメディア利用の現状
  3. ソーシャルメディアに関わるリスクと対策の基本

執筆者

KPMGビジネスアドバイザリー株式会社
ディレクター 山田 茂

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン