IASB、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を公表 | KPMG | JP

IASB、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を公表

IASB、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を公表

IFRSニュースフラッシュ - 国際会計基準審議会(IASB)は2014年5月28日、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を公表しました。IFRS第15号は、IASBとFASBの共同プロジェクトの成果として公表されました。本基準は、包括的な単一の収益認識基準を開発することにより、財務諸表の作成を容易にするとともに、企業間の比較可能性を向上させ、財務諸表利用者により有用な情報を提供することを主な目的として開発されました。

関連するコンテンツ

本基準の概要は、以下のとおりです。

  • 収益認識に関するグローバルな単一のフレームワークを提供します。
  • 「支配」に基づくモデルです(IAS第18号の「リスク及び経済価値」という概念は、支配の移転を表すための指標とされました)。
  • 対価は、顧客に移転する財・サービスと交換に企業が権利を得ると見込んでいる金額で測定します。
  • 収益認識の単位(履行義務、すなわち、契約における顧客との約束)を識別するための、詳細なガイダンスが設けられました。
  • 企業は、履行義務を充足した時点で、または充足するに従って一定の期間にわたり、収益を認識します。履行義務が一定の期間にわたって充足されるものであるか否かを判断するための一定の要件が設けられました。
  • 定量的、定性的な開示情報が拡充されました。

内容

  1. 背景
  2. IFRS第15号における収益認識
  3. その他
  4. 表示及び開示
  5. 適用日、経過措置及び初度適用企業

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信