巨額の「のれん」の減損は、なぜ起こったか、どう防ぐか | KPMG | JP

巨額の「のれん」の減損は、なぜ起こったか、どう防ぐか

巨額の「のれん」の減損は、なぜ起こったか、どう防ぐか

巨額の「のれん」の減損損失の計上が時折報道されます。この1年間でも国内外の企業でいくつかの事例が発表されました。「のれん」の減損は発生時の影響が大きいことが多く、期間損益をこれほどにブレさせるものはありません。

関連するコンテンツ

M&Aを実行する経営者の方々も、決断時点ですでに「のれん」の減損のリスクをしばしば口にされます。
本稿では、「のれん」の減損がどういう会計基準のもとで計上されるのかを踏まえ、何が原因で巨額の減損が起こったのか、それを防ぐ術はあるのかについて考えます。

内容

  1. 「のれん」の減損会計
  2. 減損の計上事例
  3. 減損が起こる要因
  4. 巨額の減損を回避するための対策

執筆者

株式会社 KPMG FAS
パートナー 加藤 健一郎

関連リンク

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信