OECD 税務における自動的な情報交換に関する宣言;FATCAと類似 | KPMG | JP

OECD 税務における自動的な情報交換に関する宣言;FATCAと類似

OECD 税務における自動的な情報交換に関する宣言;FATCAと類似

5月6日、経済協力開発機構(OECD)は、OECD全加盟34ヶ国とその他の国々が、税務における自動的な情報交換に関する宣言を採択したことを公表しました。

関連するコンテンツ

OECDによると、国や世界の主要金融センターが、税務における自動的な情報交換の取り組みを進めることで、税を目的とした銀行の機密保持の時代は終結に向かうことになる、としています。

新たな国際基準は、自動的な情報交換の領域におけるOECDのこれまでの取り組みを踏襲したうえで、その後のEUで達成された進展や国際的なAML基準の最近の動向を踏まえたものです。現在、FATCA政府間合意交渉がきっかけとなり、多国間での自動情報交換の枠組みの実現に向けて協議が進められています。

新たな国際基準による自動情報交換により、各国政府は金融機関から顧客の金融情報を受領し、他国の政府と年次で自動的に情報を交換することになります。

新たな基準の解説、その他情報交換実施の施策は、2014年9月に発表される予定です。

関連リンク

FATCA/CRS関連情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信