交際費等の損金不算入制度の改正 | KPMG | JP

交際費等の損金不算入制度の改正

交際費等の損金不算入制度の改正

2014年度税制改正では、交際費等の損金不算入制度の見直しが行われ、法人が支出する交際費等のうち接待飲食費の50%相当額の損金算入が認められることとなりました。この改正を受け、国税庁は4月30日、これまでに寄せられた主な質問に対する回答を取りまとめた「接待飲食費に関するFAQ」を公表しました。このメールマガジンでは、「接待飲食費に関するFAQ」で示されている飲食費の範囲などを紹介しています。

関連するコンテンツ

内容

  1. 交際費等の損金不算入制度の改正

KPMG TaxメールマガジンNo.70 掲載

e-Tax News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信