BEPSを契機とした日本企業への移転価格課税リスク | KPMG | JP

BEPSを契機とした日本企業への移転価格課税リスク 無形資産取引による税源浸食を問題とする中国等新興国との間の二重課税リスク

BEPSを契機とした日本企業への移転価格課税リスク

ICT関連等のベンチャー型の多国籍企業の濫用的租税回避による税源浸食と利益移転(Base Erosion and Profit Shifting: BEPS)の問題は、2013年6月のG8サミットや同年9月のG20により、その解決が政治的アジェンダとなっています。

関連するコンテンツ

多国籍企業にとって、国際課税ルールの見直しは、グローバルなバリューチェーン構築等の国際事業戦略に大きな影響を及ぼす問題であり、特に二重課税リスクの高い移転価格については、各国の制度・執行が整合的でない場合があり、的確なリスク管理が求められています。

本稿では、国際課税問題の進展とグローバル市場における日本企業の税務ポジションを踏まえ、移転価格課税における重要な論点である無形資産取引にかかる議論を取り上げ、日本企業にとっての移転価格課税リスク、特に中国等新興国との間での二重課税リスクについて解説します。

内容

  1. 国際課税問題の進展とグローバル市場における日本企業の税務ポジションについて
  2. 多国籍企業の濫用的租税回避によるBEPSの問題
  3. 移転価格課税による二重課税リスク
  4. 無形資産取引にかかる問題
  5. BEPSを契機とした新たな移転価格課税リスクへの対応

執筆者

KPMG 税理士法人
国際事業アドバイザリー
パートナー 経営法博士、税理士 角田 伸広

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信