新たな第三者委託先監督の枠組み 信頼せよ、されど検証せよ | KPMG | JP

新たな第三者委託先監督の枠組み 信頼せよ、されど検証せよ The New Third-Party Oversight Framework: Trust but Verify

新たな第三者委託先監督の枠組み 信頼せよ、されど検証せよ

金融機関が国内外の第三者と委託関係を結び、その関係が複雑化していく中、米国やその他の法域において第三者のリスク管理に対する金融当局の注目度が高まっています。

関連するコンテンツ

米通貨監督庁(OCC)および米連邦準備制度理事会の最近の文書では、この分野での銀行および銀行持株会社による調査の強化に関するガイダンスに重点が置かれており、金融機関による第三者委託先監視(TPO)プロセスの管理方法に関する規制当局の見方の変化を反映しています。

内容

  1. 米通貨監督庁(OCC)のガイダンス
  2. 米連邦準備制度理事会のガイダンス
  3. 第三者リスク管理
  4. 第三者とは?
  5. 金融機関の関連第三者委託先とその業務
  6. 金融機関にとっての「重要活動」、および参加する第三者委託先の特定
  7. 業務または商品の委託に関連するリスクをどのように特定するか?
  8. 第三者委託関係の管理責任者は誰か?監督に使われるパラメータとは?
  9. どのように問題が特定されるのか?どのように対処されるのか?
  10. 既存の第三者委託先とどう付き合うべきか?
  11. 独立したレビューのために第三者委託先の使用を検討する際に考慮すべき要素とは?
  12. 第三者委託先の利用
  13. 今後のステップ

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信