最終源泉税の基礎と最近の動向 | KPMG | JP

最終源泉税の基礎と最近の動向

最終源泉税の基礎と最近の動向

フィリピンの税務実務 第1回 - フィリピンには他国同様に源泉徴収の仕組みがあり、控除源泉税(Creditable Withholding Tax)と最終源泉税(Final Withholding Tax)の2つの制度が存在します。控除源泉税とは、源泉徴収義務者により代理徴収される税のうち、所得受領者のフィリピンでの法人所得税から控除することが可能なものをいい、フィリピン国内におけるサービス取引や不動産取引に広く適用されています。

関連するコンテンツ

一方、最終源泉税とは、源泉徴収義務者によって代理徴収される税のうち、当該税金の支払いによりフィリピンでの課税関係が完結するものをいい、配当やロイヤルティーの支払いといった取引に適用されます。最終源泉税は、国際取引にも適用されるため、租税条約適用に関する議論を伴います。
第1回目となる本稿では、フィリピンにおける最終源泉税の基本的な仕組みや課税関係を概説するとともに、租税条約適用に関する注意点、租税条約適用をめぐるフィリピンの税務当局の最近の動向について解説を行います。以下本稿では、特段の断りがない限りフィリピンの子会社が支払い手となり、日本の親会社がフィリピンの子会社から利益を得る取引について見ていきます。

内容

  1. 最終源泉税の基礎
  2. 租税条約救済手続
  3. 租税条約の適用に関する最近の動向
  4. まとめ

執筆者

KPMG フィリピン マニラ事務所
プリンシパル 遠藤 容正

KPMG フィリピン マニラ事務所
マネジャー 矢冨 健太朗

フィリピン

フィリピン

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

フィリピンの税務実務

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信