のれんの減損テストに関する市場関係者の見解 | KPMG | JP

のれんの減損テストに関する市場関係者の見解 Who cares about goodwill impairment?

のれんの減損テストに関する市場関係者の見解

本冊子では、KPMGが利害関係者に対して実施したインタビューに基づき、年次ののれんの減損テストを強制する現行のIFRSの規定の論点について解説し、IASBの「IFRS第3号の適用後レビュー」に関するコメントの提供を促しています。

関連するコンテンツ

日本語要約版を作成しています。ご参照ください。

内容

  1. コメントの締切りが迫る
  2. 論点の整理
  3. 主な課題
  4. アカデミック・リサーチ
  5. のれんの減損テストの妥当性
  6. のれんの減損テストの実効性
  7. 適用を困難とする要因
  8. 開示規定の妥当性
  9. 代替案
  10. 3つの未解決の論点
  11. 行動喚起
  12. Appendix 1:インタビュー先
  13. Appendix 2:参照及び注釈

IFRSのトピック

IFRS実務上の論点

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信