IFRICニュース March 2014 - IFRS解釈指針委員会ニュース

IFRICニュース March 2014 - IFRS解釈指針委員会ニュース

2014年3月25日に開催されたIFRS解釈指針委員会(以下「IFRS-IC」)の会議において、会計基準の限定的改訂、IFRSの年次改善、アジェンダに追加しない論点のアジェンダ却下通知等について審議が行われました。また、2014年2月及び3月に開催された国際会計基準審議会(以下「IASB」)の会議において、IFRS-ICの提案に基づいて審議が行われました。本稿では、主要な審議事項を紹介しています。

関連するコンテンツ

概要は以下の通りです。

  • 会計基準の限定的改訂に関しては、最終基準書及び公開草案の公表が予定されている論点について審議が行われました。また、2014年3月25日にIASBから公表された公開草案「開示インシアティブ(IAS第1号の改訂案)」において、持分法を適用する関連会社及び共同支配企業から生じるその他の包括利益の持分相当額の項目の表示の取扱いを明確化する提案が含まれています。
  • IFRSの年次改善については、特に審議は行われておりません。
  • 2014年3月のIFRS-IC会議において、4件のアジェンダ却下通知が確定し、4件のアジェンダ却下通知案が公表されました。
  • 上記の他に、2014年3月のIFRS-IC会議において、3つの論点について議論が行われたものの、重要な決定には至りませんでした。

内容

  1. 要約
  2. 会計基準の限定的改訂
  3. IFRSの年次改善
  4. アジェンダ却下通知
  5. その他の論点等
  6. 論点サマリー

IFRICニュース

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン