関係会社管理体制確立のスタート地点(後編)

関係会社管理体制確立のスタート地点(後編)

前編では、関係会社管理における現状の問題点を踏まえて、今後向うべき大きな方向性を関係者間で議論・共有することについて触れた。

関連するコンテンツ

後編では、現在できていること、不足していることの可視化、およびそのギャップを埋めるための関係者の役割課題を、関係会社管理規程というツールを用い、公式制度として定めることを推奨し、そのポイントを解説する。

内容

  1. 関係会社管理規程から管理体制の運用の姿をイメージできるか?
  2. 関係会社管理体制を運用するための基本要素
  3. 最後に

執筆者

KPMGビジネスアドバイザリー株式会社
シニアマネジャー 山口 隆二

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン