強固なリスクアペタイト・プログラムの策定 課題と解決方法

強固なリスクアペタイト・プログラムの策定 課題と解決方法

強固なリスク管理態勢を構築しより広範な経営戦略に統合することは、大手金融機関において極めて重要な課題です。本レポートは、リスクアペタイト・プログラムの策定に伴う課題、その導入に伴う技術的な制約、また一般的に採用されている解決方法について考察するものです。

関連するコンテンツ

金融危機以降、各国規制当局は個別の金融機関に対し、ストレステストを活用した厳格な資本運営を要請するとともに、ストレステストをリスクアペタイト・フレームワーク(RAF)と関連付け、リスクガバナンス上の重要性が強調されてきており、監督当局は大手金融機関の対応をより綿密に監視しています。また、外部のステークホルダーは大手金融機関に対し、リスク取得に係る目標を文書化し、リスク管理をより広範な戦略と統合し、リスクテイクとリスク削減の目標に係る相互作用を明確にすることを強く求めるようになってきている背景を踏まえると、大手金融機関の経営陣は、広範な成長とビジネス戦略への支援を確実なものとするため、リスクアペタイト・プログラムを見直さなければなりません。
本レポートでは、リスクアペタイト・プログラムの策定に伴う課題、その導入に伴う技術的な制約、また、一般的に採用されている解決方法について提示します。

内容

  1. ガバナンスに係る論点
  2. 技術的論点
  3. 結論

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン