ビッグデータの活用と企業の課題 | KPMG | JP

ビッグデータの活用と企業の課題

ビッグデータの活用と企業の課題

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ 第1回 - 近年、ビッグデータに注目が集まり、事業戦略上のキーワードの1つとなっている。ビッグデータの活用は、経験と勘による営業手法から、ITによる科学的なアプローチへと、ビジネスモデルにも変化をもたらしている。今すぐ本格的な検討を開始するのか、競合他社に遅れをとるのか、ビジネス展開を左右する重要な時期にあると言える。

関連するコンテンツ

ITの効果的な利活用によるビジネス貢献と新たなリスクに対して、企業は何に留意し、どのような対策を講じるべきか、複数回にわたって解説を行う。本稿は、第1回目として「ビッグデータ」について述べていきたい。

内容

  1. ビッグデータを活用できる環境の進展
  2. データサイエンティストの確保と体制整備
  3. ビッグデータ活用のリスクとそのマネジメント

執筆者

KPMGビジネスアドバイザリー株式会社
ディレクター 熊谷 堅

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信