海外子会社に対する内部監査で遭遇する課題と対応の考え方 | KPMG | JP

海外子会社に対する内部監査で遭遇する課題と対応の考え方

海外子会社に対する内部監査で遭遇する課題と対応の考え方

昨今の国内市場の縮小傾向を踏まえて、日本企業が生産・消費等のビジネスチャンスを海外に求めるなかで、事業展開の一段階として海外でグループ会社を新設・買収する事例が増えている。それに伴い、海外子会社に対する内部監査の必要性が高まっている。

関連するコンテンツ

そうした状況のもと、本稿では、海外子会社に対する内部監査で遭遇しやすい課題と対応策について解説する。

内容

  1. 海外子会社の新設・買収の現状
  2. 内部監査で遭遇する課題
  3. まとめ

執筆者

KPMGビジネスアドバイザリー株式会社
シニアマネジャー 土方 宏治

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信