中国移転価格調査と課税上の論点と実務 主要論点と中国政府の一般的な実務および見解 | KPMG | JP

中国移転価格調査と課税上の論点と実務 第1回 主要論点と中国政府の一般的な実務および見解

中国移転価格調査と課税上の論点と実務 第1回 主要論点と中国政府の一般的な実務および見解

2008年から2009年にかけての中華人民共和国企業所得税法、同施行条例、および特別納税調整実施弁法(試行)の発表以来、中国の移転価格税制の執行はますます厳格化しています。一方、2012年の1月から上海市をはじめ9つの省および直轄市で実施された間接税改革の結果、広い範囲で減税が行われました。このような状況下において、中国各地の税務局は、その税収を確保するため、今後一層移転価格調査を強化することが予想されます。

関連するコンテンツ

移転価格調査と課税において、中国政府は、日本政府と同様、独立企業間原則に従いますが、個別問題に対して特有の見解を持っており、その中には日本を含む他国の取扱いと異なる部分も少なくありません。
そこで、中国移転価格調査と課税上の論点と実務について、2回に分けて解説します。
第1回目の本稿では、筆者が経験した実際の複数の移転価格調査事案を合成した設例を用いて、中国移転価格調査と課税においてよく見られる論点と、それらに対する中国政府の実務および一般的な見解を包括的に解説します。

内容

  1. はじめに
  2. ケース・スタディ

執筆者

KPMG 中国
上海事務所 パートナー 大谷 泰彦
上海事務所 シニアマネジャー 楊 揚
広州事務所 シニアマネジャー 楊 暁軍

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信