ルクセンブルク投資環境および税務環境 | KPMG | JP

ルクセンブルク投資環境および税務環境

ルクセンブルク投資環境および税務環境

神奈川県ほどの大きさに人口約 50 万人の小国、ルクセンブルクは世界有数の金融市場を有しており、投資ファンドでは米国に次いで世界第 2 位、プライベートバンキングでも EU 有数の国際市場となっております。また、現在ルクセンブルク政府は、産業多角化を目指し、通信・IT 関連インフラを整え、IT 産業等の誘致に力を入れており、既に世界的な IT 関連企業が続々と進出しています。

関連するコンテンツ

そんな小さな大国、ルクセンブルクには、日本ではあまり知られていない魅力が溢れています。
本稿では、既にルクセンブルクに参入されている企業および今後ルクセンブルクに参入することを検討されている企業の双方に、有用な情報を提供することを目的として、ルクセンブルクの基本情報を含む投資環境および税務環境について解説いたします。

内容

  1. ルクセンブルクの投資環境
  2. ルクセンブルクの税務環境

執筆者

KPMG ルクセンブルク
マネジャー 柴田 暁芳

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信