IAISが2016年までにグローバルな保険資本基準の開発を表明 | KPMG | JP

IAISが2016年までにグローバルな保険資本基準(Global Insurance Capital Standard)の開発を表明

IAISが2016年までにグローバルな保険資本基準の開発を表明

2013年10月9日、保険監督者国際機構(IAIS)は2016年までにリスクベースのグローバルな保険資本基準(Insurance Capital Standard)の開発を行う予定であることを公表しました。

関連するコンテンツ

このICSは、将来的には、国際的に活動する保険グループ(IAIGs)の監督のための共通の枠組み(ComFrame)に組み込まれる予定とされています。ComFrameは、すでにソルベンシー評価としての資本要件を概念的には含んでいますが、これを議論の出発点としてICSの開発を行うとしています。また、IAISは、2014年に、グローバルにシステム上重要な保険会社(G-SIIs)に対する損失吸収能力の基礎として機能する、バックストップ資本要件(backstop capital requirements、BCRs)を開発する予定としており、BCRsの開発とテストもICS開発の一助になることが期待されています。

IAISは、2014年後半に、G-SIIsに対する損失吸収能力の基礎として機能する、バックストップ資本要件(backstop capital requirements、BCRs)を完成させる予定です。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信