2014年度マレーシア予算案 | KPMG | JP

2014年度マレーシア予算案

2014年度マレーシア予算案

マレーシアのナジブ首相は、2013 年 10 月 25 日にマレーシア経済の現状と展望や税制改正案を含む 2014 年度予算案を議会に提出しました。当該予算案において、マレーシアのGDP成長率が 2013 年は4.5%- 5%、2014 年は5%- 5.5%となる見込みであること、2014 年度の 1人当たりGDP は約 1万 2 千 USドルと予想され、2020 年度の 1 万 5 千 USドルという目標は、十分に達成可能である旨などが述べられており、マレーシアは今後も堅実な経済成長が見込まれます。

関連するコンテンツ

また、今回の予算案では、マレーシアの税制についても、消費税に類似する物品・サービス税(GST:Goods and Services Tax)の導入をメインとしたいくつかの税制改正が提案されています。
そこで本稿では、2014 年度予算案で提案された GST を中心にマレーシアの重要な税制改正について解説します。

内容

  1. はじめに
  2. GST
  3. 法人・個人所得税率の改正
  4. おわりに

執筆者

KPMG マレーシア クアラルンプール事務所
シニアマネジャー 渡邉 和哉
マネジャー 松元 勝彦

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信