米国財務省がIGA雛型の最新版を公表 | KPMG | JP

米国財務省がIGA雛型の最新版を公表

米国財務省がIGA雛型の最新版を公表

米国財務省は、FATCA 政府間合意書(IGA)雛型の更新版を公表しました。IGA雛型の更新版は、米国財務省ウェブサイトのFATCAページに掲載されており、更新日付は、2013年11月4日付として記載されています。

関連するコンテンツ

KPMGのコメント

米国財務省がIGA雛型を更新するのは、直近4ヵ月で2回目になります(2013年8月に一度更新されました)。IGA雛型が更新された理由の一つは、米国内国歳入庁(IRS)により公表されたNotice2013-69(2013年10月29日付)において示された外国金融機関(FFI)用のガイダンスを反映することにあります。
IGA雛型における明らかな変更点の一つは、米国がチャンネル諸島(ジャージー島、ガーンジー島等)とのIGAに追加した「確立された証券市場での通常取引の金融口座(資本・負債持分)からの除外」についての説明(持分保有者が、投資事業体により記名登録される場合、その持分は確立された証券市場での通常取引とはみなされない)を追記したことです。

FATCA/CRS関連情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信