アジア不動産市場の現況 Asian Real SnapShot! (英文)

アジア不動産市場の現況 Asian Real SnapShot! (英文)

本号ではAsia Pacificの主要12カ国(オーストラリア、中国、インド、インドネシア、日本、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、韓国、タイ、台湾、ベトナム)における不動産市況を紹介しています。

関連するコンテンツ

Asia Pacificの主要12カ国(オーストラリア、中国、インド、インドネシア、日本、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、韓国、タイ、台湾、ベトナム)におけるオフィス、住宅、商業、ホテル、物流施設等のマーケット状況、また、各国での資金調達の現況について、各国KPMGの不動産専門家が現地での様々な投資規制の方向性や各国それぞれで異なる不動産市場動向の分析結果を提供しています。

内容

  1. Australia:Foreign buyers driving market activity
  2. China:A stable housing market remains a key objective of the government
  3. India:Recent reforms to aid growth
  4. Indonesia:Enticing demographics stimulate demand
  5. Japan:Tokyo leads Japan in terms of potential domestic rebounds
  6. Malaysia:A cautious year for the overall real estate market
  7. New Zealand:Resilient conditions suggest pockets of growth
  8. Singapore:Further measures to cool the residential property
  9. South Korea:Business hotel market shows strong signs of growth
  10. Thailand:Downtown office rents increasing as vacancy rates improve
  11. Taiwan:Reforming transparency and growth opportunities
  12. Vietnam:Opportunities found in a challenging time

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン