中国増値税改革パイロットプログラム 要点整理と税務ストラテジー | KPMG | JP

中国増値税改革パイロットプログラム 要点整理と税務ストラテジー

中国増値税改革パイロットプログラム 要点整理と税務ストラテジー

2012年1月1日に上海市にて開始されたいわゆる「増値税改革パイロットプログラム」、つまり、これまで営業税の課税対象範囲に含まれていた一定のサービスについて、増値税の課税対象範囲への移行を図る改革プログラムは、2013年8月1日から全国へと拡大されることが国務院によって公表されました。

関連するコンテンツ

このことにより、公平な競争環境が形成されるものと期待される一方、依然として不確定要素が多く、営業税対象のままなのか、増値税対象に移行されているのか、税務当局の個別判断に委ねなければならないことが、実務上散見されています。
本稿では、この改革プログラムの全国拡大に備えて理解しておくべき事項、とりわけ、改革プログラムの対象となる業務範囲や税率、税額計算方法、役務の輸出入時の取扱いについて言及すると共に、この改革プログラムを用いた税務ストラテジーについて、いくつか紹介いたします。

内容

  1. 増値税と営業税の混在は何が問題なのか
  2. 増値税改革パイロットプログラムの要点整理
  3. 活用できる税務ストラテジー キーポイントと活用法
  4. おわりに -残された課題

執筆者

KPMG 中国 上海事務所 税務部門
ディレクター 米国弁護士 David Huang
シニアマネジャー 日本税理士 長谷川 朋美

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信