「国外財産調書」の提出制度 | KPMG | JP

「国外財産調書」の提出制度

「国外財産調書」の提出制度

2012年度税制改正により、個人が有する国外財産の内容を税務署に報告する「国外財産調書」制度が創設されました。従前より、税務当局は個人の国外財産の把握に努めていますが、この「国外財産調書」制度の導入により、その体制が一層強化されることになります。

関連するコンテンツ

本制度の概要はいままでもニュースレター等でお知らせしていますが、このニュースレターでは、2013年度税制改正で改正された項目及び国税庁が今年公表した通達・FAQで明らかとなった項目を踏まえて、改めてお知らせいたします。

内容

  1. 「国外財産調書」制度
  2. 過少申告加算税・無申告加算税の特例

Japan TAX Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信