中国戦略 中国の労働力 労働人口が減少する時、何が起きるか

中国戦略 中国の労働力 労働人口が減少する時、何が起きるか

およそ30年前に経済を開放した中国は、今では米国に次いで世界第2位の経済規模を持つまでに成長しました。巨大な中国の労働力は、この経済成長サイクルを牽引する重要な要因の1つであり、これまでは農業や製造業、サービス産業の需要に十分に応じることができました。

関連するコンテンツ

しかし、現代中国の確立を担い、国家に貢献してきた労働力が定年を迎える時、出生率の低下が進む中国において、労働市場の需要を満たすだけの新たな労働力は十分に存在しているのでしょうか。
本稿では、中国で近年起きている人口構成の変化を検証し、中国の人々と中国で活動する企業への潜在的影響を考察します。また、そこには、問題だけではなく新たな事業機会も存在します。中国で起きるであろう人口構成の変化の影響を軽減するために、考えられる解決策についても考察します。

内容

  1. 豊富な労働力が中国の経済発展を牽引
  2. 労働力減少の影響
  3. 高齢化する中国
  4. 考えられる対応策
  5. おわりに

執筆者

KPMG 中国 北京事務所
アドバイザリー部門 ディレクター 厚谷 禎一(監訳)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン