「国境を越えた役務の提供等に対する消費税の課税の在り方」報告書 | KPMG | JP

「国境を越えた役務の提供等に対する消費税の課税の在り方」報告書

「国境を越えた役務の提供等に対する消費税の課税の在り方」報告書

2013年11月14日、政府税制調査会の国際課税ディスカッション・グループの会合において、「国境を越えた役務の提供等に対する消費税の課税の在り方について」と題する報告書が財務省により提出されました。このニュースレターではこの報告書の概要をお知らせします。

関連するコンテンツ

なお、報告書に示された制度案には、税務当局の執行上の問題や内外の事業者の事務負担に与える影響への配慮等、課題が残されており、今後さらなる検討が行われる予定です。

内容

  1. 現行制度の問題点
  2. 内外判定基準の見直し
  3. 課税方式-B to C取引
  4. 課税方式-B to B取引

Japan TAX Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信