Consumer Executive Top of Mind Survey 2013 消費財企業エグゼクティブ トップ・オブ・マインド調査2013

消費財企業エグゼクティブ トップ・オブ・マインド調査2013

消費財業界は、急速に変化する市場や不安定なコスト変動、新たな競合の台頭に直面しており、多くの国では依然として消費者支出の低迷に苦戦を強いられています。技術や情報へのアクセスの拡大に伴い、消費者の期待が高まる一方で、多くの消費財企業は複雑化するサプライチェーンや新たな法規制への対応など、厳しい状況に置かれています。

関連するコンテンツ

このような背景のもと、KPMG と Consumer Goods Forum (CGF)は、外部調査企業の HawkPartners社と連携し、世界をリードする消費財企業442社のシニアエグゼクティブを対象に、2013年における最重要事項『トップ・オブ・マインド』についてグローバルサーベイを実施しました。

ご関心がある方は、PDF(日本語版)を公開していますのでご覧ください。また、英語版のPDFも公開しています。

内容

  1. エグゼクティブ・サマリー
  2. トップ・オブ・マインド優先順位
    1. 成長
    2. 業務遂行
    3. 責任と法規制
  3. 結論

英語PDF

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン