平成25年改正企業結合会計基準等の解説

平成25年改正企業結合会計基準等の解説

企業会計基準委員会(ASBJ)は、平成25年9月13日に改正企業会計基準第21号「企業結合に関する会計基準」及び関連する他の改正会計基準等(以下「本会計基準等」という)を公表しました。

関連するコンテンツ

本会計基準等では、少数株主持分から非支配株主持分への変更、支配が継続している場合の子会社に対する親会社の持分変動による差額を資本剰余金に計上するなど、我が国において長年定着してきた連結実務を大きく変更する内容が含まれています。本稿では、改正点を中心に、本会計基準等の概要および実務上の留意点について解説します。

内容

  1. 本会計基準等の公表経緯
  2. 少数株主持分の取扱いの見直し
  3. 取得関連費用の取扱いの見直し
  4. 暫定的な会計処理の確定の取扱いの見直し
  5. 適用時期および経過措置
  6. おわりに

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
東京事務所 第2事業部
パートナー 前田 啓

日本基準のトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン