Trends in asset allocation and risk management: the Asia Pacific asset owner experience (英語)

Trends in asset allocation and risk management(英語)

KPMGとBNPパリバ証券は、アジア太平洋地域における年金基金、SWF(sovereign wealth fund)、保険会社等の主要な投資家に対してリスク・パフォーマンス分析に関するアンケート調査を実施し、その結果に関するセミナーを2013年11月6日に開催しました。

関連するコンテンツ

ご回答頂いた皆様の総資産は2.2兆ドルを超え、アジア太平洋地域の上位75位までの投資家のうち70%以上が参加されました。アンケートは、変化の要因・資産運用のトレンド・今後の課題に関する26項目から構成されています。

この調査を通じて明らかになったことの一つに、より少ないリスクで高いリターンを期待できる投資ストラテジーへの移行と、投資業務に対する規制強化の影響の広がりから、リスク・リターン分析業務や対外報告業務などの重要性がより高まっていることが挙げられます。

多くの投資家はそれに対応するためにカストディアン等の高度な専門性を有するサービスプロバイダーとの関係を強化し、固有のオペレーションモデルを確立する必要性を認識するようになりました。

新たな課題の解決に向けて着実な歩みが求められています。

内容

  1. Foreword
  2. Setting the scene
  3. Executive summary
  4. Key findings
  5. Conclusion
  6. About KPMG
  7. About BNP Paribas

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン