国際課税原則 帰属主義(AOA適用)への見直し

国際課税原則 帰属主義(AOA適用)への見直し

政府税制調査会の国際課税ディスカッション・グループの会合(10月24日)において、「国際課税原則の総合主義(全所得主義)から帰属主義への見直し」と題する報告書(以下「AOA報告書」)が、財務省により提出されました。

関連するコンテンツ

このニュースレターでは、2014年度税制改正に盛り込まれることが予想される本改正のポイントとその影響及びAOA報告書の概要をお知らせいたします。

(AOAとは、OECDがとりまとめた恒久的施設(PE)帰属所得の算定方法(Authorised OECD Approach/OECD承認アプローチ)をいいます。)

内容

  1. 改正のポイントと影響
  2. AOA報告書の概要

Japan TAX Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン