フィリピンの移転価格税制 | KPMG | JP

フィリピンの移転価格税制

フィリピンの移転価格税制

2013年1月23日付けで、フィリピン内国歳入庁(BIR)の財務長官は、移転価格に関する独立企業原則の適用についてのガイドラインを示すRevenue Regulations No. 02-2013 (RR No. 02-2013)を発布しました。RR No. 02-2013は2013年2月より適用されています。

関連するコンテンツ

本稿ではフィリピンでの移転価格税制の導入の経緯に触れ、RR No. 02-2013の内容を概観するとともに今後の対応について考えていきます。

内容

  1. 移転価格税制導入の経緯
  2. フィリピン移転価格税制の概要
  3. 今後の対応

執筆者

KPMGフィリピン マニラ事務所
プリンシパル 遠藤 容正
マネジャー 矢冨 健太朗

フィリピン

フィリピン

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

フィリピンの税務実務

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信