ピークウォーター:日本企業のサプライチェーンに潜むリスク

ピークウォーター:日本企業のサプライチェーンに潜むリスク

清潔な水が豊富に、安価に、そして安定的に利用できる日本の企業にとって、水資源の問題は無縁のリスクと思われがちです。しかし日本企業の海外-特にアジア地域-への生産移転の加速に伴い、現地での水不足や洪水など、水に係る問題が注目を浴びています。

関連するコンテンツ

これは、水道料金や商品価格の上昇、操業時の水の制約によるサプライチェーンの混乱や製造コストの増大といった、日本企業に大きな経済的インパクトを与える経営上のリスクとなり得ます。この度の調査で以下のような点が明らかになりました。

内容

  1. エグゼクティブ・サマリー
  2. 水リスクの取引:日本企業がさらされている財務リスク
  3. 日経225企業の水使用量
  4. サプライチェーンでの水使用のマッピング
  5. アジアにおける企業の水リスク
  6. 結論および次のステップ
  7. 付録:Trucostの方法論

英語PDF

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン