新しい税務調査手続の留意点

新しい税務調査手続の留意点

2011年度税制改正により、国税についての基本的な事項および共通的な事項を定めた「国税通則法」の税務調査に関する規定が改正されました。これにより、国税通則法に新たに「第7 章の2 国税の調査」という章が設けられ、これまで各税法に置かれていた質問検査権の規定がここに集約されたほか、一連の調査手続規定が新設されています。さらに、関連通達、事務運営指針およびFAQ等が国税庁から公表されました。

関連するコンテンツ

内容

  1. 改正の背景・経緯
  2. 「調査」 vs.「行政指導」
  3. 調査の単位
  4. 調査手続
  5. 再調査
  6. まとめ

執筆者

KPMG税理士法人 タックス・テクニカルセンター
パートナー 村田 美雪

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン