注意すべき海外勤務者の税実務

注意すべき海外勤務者の税実務

日本企業の海外進出に伴い、従業員が海外において勤務する機会も増えています。本稿では、従業員が海外勤務する際に留意すべき日本における税務上の取扱いについて所得税を中心に説明します。

関連するコンテンツ

内容

  1. 住居形態と課税所得の範囲
  2. 出国後の非居住者としての課税関係
  3. 源泉徴収と出国時年末調整
  4. 海外勤務者自身の確定申告義務
  5. 納税管理人の設定
  6. 住宅ローン控除の再居住の特例
  7. 住民税の課税関係と住民票の出国手続

執筆者

KPMG 税理士法人
インターナショナル エグゼクティブ サービス
パートナー 佐藤 考始

インターナショナル エグゼクティブ サービス
マネージャー 吉良 智幸

※本稿は、第一法規株式会社「会社法務A2Z 2013年5月号」に掲載されたものを転載しました。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン