紛争鉱物、そしてその先 第3部 サプライチェーンの最適化

紛争鉱物、そしてその先 第3部 サプライチェーンの最適化

本レポートは、企業によるサプライチェーン最適化の方法、またそれによって得られるであろう効果と最適化の実現に向けた課題を示すことを目的としています。サプライチェーンの最適化は、コスト削減、業務効率の改善、持続可能性の強化という企業の長期的戦略目標を達成できる可能性があります。

関連するコンテンツ

ドッド・フランク法の紛争鉱物に関するセクションは、コンゴ民主共和国及びその周辺国を原産とするタンタル、タングステン、すず、金の供給に着目し、これらの金属を含む製品を製造する企業に対し、サプライチェーンのさらなる透明化を求めています。

透明性の向上が企業にもたらす効果は、単なる同法への準拠にとどまりません。効率性や持続可能性を高め、さらにサプライチェーンの最適化につながります。

本レポートは「Conflict minerals and beyond Part three: Optimizing the supply chain」を翻訳した資料です。

内容

  • 要約
  • はじめに
  • 最適化を促す要因
  • サプライチェーン最適化の方策
  • 最適化がもたらすであろうメリット
  • 最適化を阻む要因
  • 結論

本レポートの全文

ご希望の方には無料でお配りしております。郵送をご希望の方は、資料請求ページからお申し込みください。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン