紛争鉱物、そしてその先 第2部 サプライチェーンの透明性の向上 | KPMG | JP

紛争鉱物、そしてその先 第2部 サプライチェーンの透明性の向上

紛争鉱物、そしてその先 第2部 サプライチェーンの透明性の向上

本レポートは第1502条を4回にわたって考察するもので、今回はその第2弾となります。2012年9月に発表した第1弾 ではコンプライアンス戦略の開発に焦点をあてましたが、今回は鉱物サプライチェーンを採り上げています。

関連するコンテンツ

次回以降は、報告と開示、コンプライアンス戦略実施の最適化をテーマとを予定しています。KPMGのメンバーファームは、こうした規則を順守することは単なるチェックボックスにYes/Noの回答をするような形式的業務にとどまらず、戦略の問題であると考えています。

これらの規則が組織全体に及ぼす影響を幅広い視点でとらえてコンプライアンス戦略を組み立てる企業は、サプライチェーンにおけるリスクの低減や透明性の向上といった長期的なメリットを手にするでしょう。

本レポートは「Conflict minerals and beyond Part two: a more transparent supply chain」を翻訳した資料です。

内容

  • はじめに
  • サプライチェーンをマッピングする
  • 鉱物サプライチェーンのマッピング
  • サプライチェーンを管理する
  • 将来に向けた教訓

本レポートの全文

ご希望の方には無料でお配りしております。郵送をご希望の方は、資料請求ページからお申し込みください。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信