紛争鉱物、そしてその先 第1部 グローバル・コンプライアンス戦略の策定

紛争鉱物、そしてその先 第1部 グローバル・コンプライアンス戦略の策定

本レポートは、最終規則、当該規則の論点、企業の法令順守方法の概要、マッピングや開示の詳細に言及しながら、ドッド・フランク法の紛争鉱物規制の業界全体のかかわりに焦点を当てています。

関連するコンテンツ

ドッド・フランク法第1502条における紛争鉱物規制は、サプライチェーン上で3TGを使用する業界に影響を与えます。産業界、貿易業界およびNGOのパネリストたちは、第1502条の支援をしているようで、いつくかのキーとなる用語と定義について健全なディベートをしています。

産業界は、規制案のいくつかの条項(例:機能に必要、デミニマス規定)の定義について疑問を呈しており、他の条項(例:リサイクル)については安堵している。過剰な規制に対する反応から、規制には柔軟な解釈の余地を残されています。そのため、SECは必要に応じて具体例を提示して定義を明らかにすべきでしょう。

本レポートは、ドッド・フランク法第1502条を4回にわたって考察するもので、今回は初回として、「グローバス・コンプライアンス戦略の策定」について考察しています。

(本レポートは、KPMGインターナショナルが発行した「Conflict minerals and beyond, Part one: developing a global compliance strategy」を翻訳した資料です。)

内容

  • はじめに
  • 法令遵守
  • コンプライアンスのフレームワークを構築する
  • サプライチェーン・マッピング
  • 監査、開示、そしてその先

本レポートの全文

ご希望の方には無料でお配りしております。郵送をご希望の方は、資料請求ページからお申し込みください。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン