アンバンドリング(Unbundling)

アンバンドリング(Unbundling)

アンバンドリングとは、関税評価額の基礎となっている輸入貨物の取引価格を分析し、その取引価格から関税の課税対象とならない非課税要素を取り除く(アンバンドル)関税評価上の実務手法をいう。

関連するコンテンツ

WTO(世界貿易機関、World Trade Organization)の関税評価協定に準拠する国の中には、特定の諸原価要素を関税・付加価値税の課税ベースから減算することを認めている国も多く、関税削減のための有効な手法の一つとなっている。

なお、アンバンドリングによる申告価格の適正化を図る場合には、一般的に当事者間で取り交わすべき契約書等の形式面の整備が必要となることはもちろん、これらの契約の実体やアンバンドリングした個々の項目に対応する取引価格の合理性にも注意が必要となる。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン