原産地(Origin) | KPMG | JP

原産地(Origin)

原産地(Origin)

貿易取引の対象となる貨物の国籍を指し、FTA(自由貿易協定、Free Trade Agreement)、EPA(経済連携協定、Economic Partnership Agreement)及び一般特恵関税制度等における軽減関税率の適用根拠となる。軽減関税率適用のためには、一般的に通関手続きにおいて「原産地証明書」が必要となる。

関連するコンテンツ

FTA/EPAにおける原産地の決定方法については、その適用を受ける協定ごとにルールが定められており、また、協定によってはその原産地の証明を自己で行うことを求めているものもあることから、原産地の判定には専門的な知識が要求される。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信