一般特恵関税制度(GSP:Generalized System of Preferences) | KPMG | JP

一般特恵関税制度(GSP:Generalized System of Preferences)

一般特恵関税制度(GSP:Generalized System of Preferences)

開発途上国の輸出所得の増大、工業化と経済発展の促進を図るために、開発途上国から輸入される一定の農水産品や鉱工業産品等に対して、一般の関税率よりも低い特恵税率を適用する制度をいう。

関連するコンテンツ

国連貿易開発会議(UNCTAD: United Nations Conference on Trade and Development)において、経済格差の解決手段の一つとして、先進国から開発途上国に対し一方的に便益を与える特別の措置として検討がなされ、制度の枠組みが合意された。日本では1971年から実施されている。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信