税効果会計 | KPMG | JP

税効果会計

税効果会計

税効果会計とは、企業会計上の収益または費用と課税所得計算上の益金または損金の認識時点の相違等により、企業会計上の資産または負債の額と課税所得計算上の資産または負債の額に相違がある場合において、それらの相違に係る法人税等の額を適切に期間配分することを目的とする会計上の手続のことです。

関連するコンテンツ

企業会計上の利益と税法上の課税所得とは通常一致しません。このため、税効果会計を適用しないと、課税所得をもとに算出された法人税等の額が当期の費用として計上され、税引前当期純利益と課税所得に差異がある場合、法人税等の額が税引前当期純利益と期間的に対応せず、財務諸表の期間比較を困難にし、結果として企業の財務内容に関する利害関係者の判断を誤らせる可能性があります。

税効果会計を適用すると、貸借対照表に法人税等の前払額に相当する繰延税金資産および未払額に相当する繰延税金負債が計上されるとともに、損益計算書に税効果会計の適用による法人税等調整額が計上されて、当該額を含む法人税等の額を税引前当期純利益と期間的に対応させることが可能になります。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信