システム監査

システム監査

各種情報システムに対する分析や点検などの手続を実施し、客観的な評価を行う業務を指します。

関連するコンテンツ

平成16年10月に経済産業省により策定されたシステム監査規準においては、「システム監査は、組織体の情報システムにまつわるリスクに対するコントロールが適切に整備・運用されていることを担保するための有効な手段となる。また、システム監査の実施は、組織体のITガバナンスの実現に寄与することができ、利害関係者に対する説明責任を果たすことにつながる」と規定されています。

昭和61年から情報処理技術者試験の中に、システム監査人の能力認定試験として、システム監査技術者試験が設けられ、また平成3年には「システム監査企業台帳に関する規則」(通商産業省告示第72号)によって、システム監査の普及を目的としてシステム監査を実施できる企業の登録制度が設けられています。

情報システムは経営戦略を実現するための重要な要素となっている一方で、ますます多様化、複雑化し、それに伴い様々なリスクが顕在化してきています。また、情報システムに係わる利害関係者も組織内部にとどまらず、社会へと広がっています。従って、このような情報システムに関するリスクを適切にコントロールすることが重要な経営課題となっており、リスクの所在や低減状況を把握するためにも、システム監査の重要性が増しています。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン