土壌汚染

土壌汚染

土壌や地下水の汚染は、一般に有害物質が水や大気を通じてまたは直接土壌にもたらされることで生じるものであり、一旦生じてしまうと汚染が容易に解消しない場合が多く見受けられます。そのため土壌汚染の未然防止に加えて、汚染土壌の浄化、交換といった対策が必要となります。土壌については1991年8月に環境基準が設定され、現在25項目について定められています。

関連するコンテンツ

また、農用地においては法律に基づく土壌汚染の防止対策が、市街地については調査、対策指針による行政指導の下、環境基準達成に向けた取り組みが行われています。

東京都は2000年12月公害防止条例を改正した「都民の健康と安全を守る環境に関する条例」において、有害物質取り扱い事業者が工場等を廃止・除却する際の措置、3000m2以上の土地を改変する際の措置等を定めた土壌汚染対策を盛りこみました。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン