証券化商品

証券化商品

証券化商品とは、企業が保有する債権、動産・不動産の特定の資産を切り離し、資産のキャッシュ・フローを裏づけにした証券のことをいいます。

関連するコンテンツ

証券化商品の多様化

証券化商品には、リース料債権やオートローン債権といった金銭債権の証券化、金銭債権を中心とした資産を裏づけとして、SPCがコマーシャルペーパー(Commercial Paper)を発行する証券化(Asset Backed Commercial Paper、ABCP)、銀行等の自己資本比率対策として有効な貸出債権の証券化(Collateralized Loan Obligation、CLO)、債券または債券類似商品を担保とした証券化(Collateralized Bond Obligation、CBO)、企業が保有する本社ビル等の不動産証券化(Commercial Mortgage Backed Securities、CMBS)、住宅ローン債権の証券化(Residential Mortgage Backed Securities、RMBS)、診療報酬債権の証券化等、今日ではその多様化が進んでいます。

また、金融工学等の金融技術を用いて信用リスクを抽出し、社債や貸出債権等から構成される資産を担保として発行されるCDO(Collateralized Debt Obligation)には様々な種類があります(クレジットデフォルトスワップの手法を用いたシンセティックCDO、など)が、いわゆるサブプライム問題に端を発する金融危機の発生の反省を踏まえ、各種規制(格付機関規制、バーゼル2.5、など)が導入、強化の方向にあります。

関連するKPMGのサービスライン

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン